東京都西東京市谷戸町2-1-41
ひばりが丘南メディカルスクエア1F
交番前バス停0分 P15台
初診WEB予約(24時間) ご予約優先:ご予約なしでも診療可能です
Tel.042-452-6878

膠原病内科

女性

膠原病とは、皮膚、関節、筋肉などの結合組織や血管に炎症・変性が生じ、さらに全身の様々な臓器や組織に炎症が起こる病気を総称して言います。

そのため、ひとつの病気を指して言うものではありません。 膠原病には、全身性エリテマトーデスをはじめ、全身性硬化症、多発性筋炎・皮膚筋炎、ベーチェット病、シェーグレン症候群など、多くの疾患が含まれています。

このほかにも、膠原病が原因となって発症する疾患のひとつに数えられているのが関節リウマチです。これらの疾患を診察・治療するのが膠原病内科です。

膠原病のしくみ

膠原病の発症メカニズムですが、膠原病患者さんの血液中には、原因は不明ですが、自分自身の体の構成成分と反応してしまうリンパ球(自己反応性リンパ球)や抗体(自己抗体)が見つかっています。これらが膠原病という病気を引き起こす原因とみられています。

自分の免疫システムによって自分自身の臓器を攻撃してしまう、いわゆる「自己免疫疾患」と考えられているのです。 なお、代表的な膠原病としては関節リウマチがあります。この病気は、本来であれば病原菌などの外敵を攻撃するはずの免疫が暴走してしまい、自らの身体を攻撃(自己免疫)することで、関節、筋肉、骨などに痛みや炎症を起こす疾病です。

関連記事