東京都西東京市谷戸町2-1-41
ひばりが丘南メディカルスクエア1F
P15台分有り
042-452-6878
※予約希望の方はお電話でも予約可能です
病院なび

関節リウマチ

関節リウマチとは

リウマチ性疾患の中で最も患者数が多いのが、関節リウマチです。この疾患は免疫機能の過剰反応により主に手足の関節が腫れたり痛んだりする疾患です。腫れや炎症については、関節以外にも、目や肺など全身に拡がることもあります。症状が進行していくと、関節の骨や軟骨が破壊されて関節に変形が起こり、関節の可動範囲が狭くなっていき、日常生活に支障をきたすようになります。また全身的な症状として、疲れやすさ、脱力感、体重減少、食欲低下などがみられるようになります。
当院長はリウマチ・膠原病の専門医であり、これまで数多くのリウマチ患者さんの診察・治療を行ってきております。

女性が多い関節リウマチ患者

関節リウマチを含むリウマチ性疾患は、女性の患者数が多く、全国には60~70万人のリウマチ患者がいると言われています。関節リウマチでは、30~50歳代に発症する女性が多く、男性患者の約3~4倍と言われています。なお、60歳を超えてから、あるいは高校生以下の若い年齢層(若年性関節リウマチ)で発症するケースも見られます。なお高齢者の患者さんについては、男女の比率は小さくなります。

リウマチを発症する原因はまだ解明されていませんが、遺伝が関係すると言われています。ただ、リウマチの患者さんが家族にいたとしても、必ず発症するものでもありません。

症状について

初期症状がみられるのがリウマチの特徴です。主な症状は、朝方に手足の指関節がこわばる、あちこちの関節が痛む、しびれや痛みが手足にある、といったことです。これらの症状がみられた場合は、リウマチ検査を受けることをお勧めします。

検査では、問診をはじめ、血液やX線検査などの結果を照らし合わせて、総合的に判断します。リウマチと同様の症状を起こす病気(変形性関節症、痛風など)の可能性も考えれますので、検査は早めに受けるようにしてください。なお、検査の結果、リウマチと別の病気であった場合でも早期発見・早期治療が大切であることは同じです。

その他のリウマチ性疾患

その他のリウマチ性疾患としては、リウマチ性多発筋痛症があります。この病気は、50歳頃から発症する患者が増加し、なかでも女性が多いことでも知られています。

症状としては、首や腕をはじめ、腰や太もものあたりが痛み、重く感じるようになるほか、全身がだるくなる状態が継続します。夜間や朝方に手がこわばるといった症状も出ますが、ただ関節リウマチとは異なり関節の腫れなどはあまり見られません。五十肩(肩関節周囲炎)と症状が似ていることもあるので、きちんとした検査を受ける必要があります。

治療について

治療では、薬物療法が中心です。メトトレキサートや関節破壊の抑制作用に優れる生物学的製剤を用います。これらは、炎症や痛みを抑えるだけでなく、病気の進行を阻み、関節の破壊を防ぎます。

治療は寛解(病気の症状が、一時的あるいは継続的に軽くなる)を目標に行いますが、例えそこに至らなくとも、炎症がある程度コントロールできる状態を目指します。

ただ、薬物療法に頼りきりになり、関節を動かさずにいると硬くこわばってしまうので、リハビリテーション(リハビリ)を行い、関節の機能障害を抑える必要があります。

なお、薬物療法やリハビリを行っても痛みが和らがない、関節障害のために歩行が困難になったなど、日常生活に支障が生じている場合は、手術療法を行います。

たなか内科・リウマチ科クリニック
診療科目
内科・リウマチ科・膠原病内科
住所
〒188-0001 東京都西東京市谷戸町2-1-41
ひばりが丘南メディカルスクエア1F
P15台分有り
最寄駅

【西武池袋線「ひばりが丘駅」よりバス5分】
乗り場番号:2
系統・行先
<境04> ひばりヶ丘駅(団地)武蔵境駅行
<田43> ひばりヶ丘駅(団地)田無駅行
<鷹22> ひばりヶ丘駅(東伏見)三鷹駅行
「交番前バス停」そば

【西武新宿線「田無駅」よりバス9分】
乗り場番号:3
系統・行先
<境04> 武蔵境駅(団地)ひばりヶ丘駅行
<田43> 田無駅(団地)ひばりヶ丘駅行
「交番前バス停」そば

【JR中央線「武蔵境駅」よりバス24分】
系統・行先
<境04/田43>武蔵境駅(団地)ひばりヶ丘駅行
<境05>武蔵境駅(団地)ひばりヶ丘駅行
「交番前バス停」そば

※駐車場15台分ございます。

電話
042-452-6878
※予約希望の方はお電話でも予約可能です
診療時間
休診日:火曜・日曜・祝日
  日祝
9:00~13:00
15:00~18:00
このページの上へ